読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンチ程々の家宣言 〜BESSの家で程々じゃないジャパネスク生活〜

BESSがプロデュースするジャパネスクハウス「程々の家」を、ぜんぜん程々じゃなく暮らす様をご紹介いたします。

ぼくらが程々の家を建てる理由(その1)

f:id:interspur:20170320115039j:plain

 

オザケンが好きであります。

 

いや、そんなのはいいとして、そもそもなぜBESSの程々の家を建てることになったか、というお話。前回の森高千里と今回の小沢健二でカンペキに年齢がバレているであろうことを考え、まずは私たち3人家族のスペックを程々にご紹介します。

 

私(38歳)

神奈川県出身、千葉県在住。限りなくフリーランスに近い自営業。クルマが好き。

 

妻(34歳)

佐賀県出身、千葉県在住。公務員。バイクが好き。

 

息子(0歳)

千葉県出身、千葉県在住。赤子。紙とペットボトルが好き。

 

まあ、平たく言えば子供が産まれるのでお家がほしいな、と。ただそれだけの理由ではあるのですが、これまで基本的にマンションで暮らしてきた私たち家族。イマイチ一戸建てというものに理解も何もありません。

 

というわけで、とりあえずまだ見ぬマイホームについての意見をまとめてみたところ、こんな感じになりました。

 

・めんどくさいのはイヤだ

・子供のこともあるから早く引っ越したい

・家は大きくなくても土地は広いほうがいい

・家は大きくなくてもカッコいいほうがいい

 

これだけwwwwwwwwwww

 

で、こんな条件すぐなんとかなるだろと思い、サラッとリサーチ。すると、お家を手に入れるためには3つの方法があるということに気づきました。

 

・建売住宅

・注文住宅

・中古住宅

 

当たり前だろバカヤロウという声が聞こえてきそうですが、まあつまりこんなことを考え始めてた2016年1月時点では、つまりこの程度の理解度だったということを把握していただければ幸いです。

 

てことで、これら3つの選択肢の中で、上の条件を満たすのを選択すればいいわけですね。なるほど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

次回「ぼくらが程々の家を建てる理由(その2)」に続く。

 

antihodohodo.hateblo.jp