読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンチ程々の家宣言 〜BESSの家で程々じゃないジャパネスク生活〜

BESSがプロデュースするジャパネスクハウス「程々の家」を、ぜんぜん程々じゃなく暮らす様をご紹介いたします。

ぼくらが程々の家を建てる理由(その4)

前回の予告どおり注文住宅のハイライトとも言える土地探しをすっとばし、さくっと上屋の話にもっていきます。

 

antihodohodo.hateblo.jp

 

まあ、ややあって広大な土地は見つかってしまい、選択肢は注文住宅一択に。というわけで、それじゃあいよいよ上屋選びでございます。

 

で、前回までのお話を読んでいただいた方ならお分かりのとおり、私たちの家づくりでいくつかの条件がございました。その中でいまいち分かりづらいであろう条件が「めんどくさいのはイヤ」というものかと思われます。

 

なんというか、とかく注文住宅というのはめんどくさいものであるようで、そういった手間を極力掛けたくないというのが私たちのスタンス。めんどくさいの定義は人それぞれかと思いますが、私たちの考えをちょろっとご紹介して、共有していただければ幸いかと。

 

まず、家を建てるにあたって泥縄式に勉強したところ、私たち一家は以下のような認識を得るに至りました。

 

f:id:interspur:20170322145717p:plain

 

私「どうだい、おかしいと思わないか?」

妻「私怨やっか」

私「いやでも」

妻「まあでもフツー考えたらそうね」

 

なんでもいろんなブログを拝見したところ、施主様の中には壁紙ひとつにハゲるほど悩んだ挙句、出来上がってみるまで実物は影も形もないためハゲるほどやきもきし、オマケに出来上がりが想像と違ったとかでハゲるほど落ち込んでしまうという方もいらっしゃるとのこと。

 

少なくとも私たちはそんな下らないことでハゲたくないですし、ていうかそれ以前にそういった細かい部分は全部おまかせでもシロートがぐぬぬと唸るくらいのクオリティのモノを出してきて欲しいわけですし、つかもっと言えば間取りだって見た目だって押し付けがましいくらいにガツンと提案してきて、こっちはもう選ぶだけみたいなのが理想という価値観でございます。

 

一般的にそうなってくると建売かもしくはマンションしか選択肢がないわけですが、それはもうさっき諦めたでしょおじいちゃんって言われてしまうので却下。とはいえ、じゃあ普通のハウスメーカーだとモデルハウスに行って「コレと同じのちょうだい」とか言ったらいくら掛かるか分かったもんじゃないですし、そもそも同じのが欲しいと思うようなモデルハウスもありません。

 

うおお、どっかにモデルハウスと同じの建ててくれるメーカーはないのか!(しかもカッコよくて安いやつ限定)

 

そんな悩みを抱えていたある日、ひとつのハウスメーカーに出会ったのであります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

次回「ぼくらが程々の家を建てる理由(その5)」につづく

 

antihodohodo.hateblo.jp